Skip to main content

求人検索

プロフィールを使用して検索

Principal Scientist, Cell therapy, T-CiRA Discovery/ T-CiRA ディスカバリー 細胞療法 主任研究員

応募後で応募 求人ID R0068950 掲載日 06/06/2022 Location:Fujisawa, Japan

By clicking the “Apply” button, I understand that my employment application process with Takeda will commence and that the information I provide in my application will be processed in line with Takeda’sPrivacy Noticeand Terms of Use. I further attest that all information I submit in my employment application is true to the best of my knowledge.

Job Description

タケダの紹介

Takeda is unwavering in our commitment to patients. With the patient at the center of everything we do, we continue to innovate and drive changes that will better their lives - we’re looking for like-minded professionals to join us.

Today, we are the number one pharmaceutical company in Japan and a global industry leader, with approximately 50,000 employees around the world. We are united by our four priorities (patient, trust, reputation and business) and Takeda-ism (Integrity, Fairness, Honesty and Perseverance), and strive towards better health and a brighter future for people worldwide.

タケダでは、常に患者さんを中心に考え、その生活を豊かにするためにイノベーションを推進しています。そして、従業員一人ひとりにそれぞれの能力と熱意に応じた成長の機会を提供することにも組んで取り組んでいます。私たちと一緒に、世界中の人々のいのちに貢献し、さらなる成長と活躍を目指しませんか。

タケダは約5万人の従業員が、世界中の国や地域で働くグローバルな企業です。すべての従業員が世界中の人々の生活をより良いものにしたいという信念をもち、そしてタケダイズム(誠実:公正・正直・不屈)を日々の業務で体現しています。私たちは、240年の研究開発型の製薬企業としての伝統のもと団結し、優れた医薬品の創出を通じて、人々の健康と医療の未来に貢献することをミッションとして掲げています。

募集部門の紹介

T-CiRA Discovery organizes T-CiRA, a 10-year joint research program with Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University. Our mission is to deliver the new innovations we have developed there to many patients suffering from intractable diseases as a treatment option as soon as possible. We are developing research on the application of cutting-edge iPS cell technology, including cell therapy, drug discovery, and the development of platform technology, to treat intractable diseases for which effective treatments have not yet been established.

T-CiRA Discoveryは、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と武田薬品工業株式会社による10年間の共同研究プログラム「T-CiRA」を推進しており、そこで培った新しいイノベーションを、難病に苦しむ多くの患者さんに、一日も早く治療オプションとして届けることを使命としています。現在有効な治療法が確立されていない難治性疾患の治療に向けて、細胞治療、創薬、プラットフォーム技術の構築など、最先端のiPS細胞技術の応用研究を展開しています。

職務内容

Cell therapy is attracting attention as a potential innovative treatment using iPS cell technology. Takeda is currently conducting research on multiple cell therapies and plans to expand further in the future. In cell therapy research using iPS cells as a starting point, we differentiate target cells from iPS cells and evaluate their potentials followed by additional various validation systems including animal models. You will be assigned a role in line with your experience and aspirations in a wide range of cell therapy-related research activities. As an example, the following job responsibilities are assumed.

  • Hypothesize, design and execute research activities to acquire data necessary to develop a platform for iPS cells-derived cell therapy that can contribute to Takeda’s therapeutic focus areas.
  • Understand the strategy of the project, share the research whole discussing with internal/external colleagues, and contribute to the achievement of the goals of the entire team.
  • Timely shares the progress or information about the project.

iPS細胞技術を用いた革新的な治療法として細胞療法が注目されています。タケダでは、現在複数の細胞療法の研究を進めており、今後さらにその研究を拡大していく予定です。とりわけ、iPS細胞を出発点とした細胞治療法の研究は、目的とする細胞をiPS細胞から分化誘導した後に、動物モデルを含む様々な評価系を組み合わせて行うことで、その有効性を評価します。細胞療法に関わる幅広い研究の中で、ご自身の経験やアスピレーションに沿った役割をアサインします。例として、以下の職務内容が想定されます。

  • iPS細胞由来の細胞治療法のプラットフォームの構築や最適化に必要なデータを得るために、仮説を立て、試験をデザインし、研究を実施する。
  • プロジェクトの戦略を理解し、社内外の研究者と相談しながら研究を分担し、チーム全体の目標達成に貢献することが求められる。
  • プロジェクトの進捗や情報をタイムリーに共有する。

応募要件

<学歴> 

  • Master degree, PhD preferred
  • 理系大学修士卒以上、博士が好ましい

<実務経験> 

  • Basic knowledge of pharmacology, molecular biology and cell biology. At least 3 years of experience in the animal experience and/or in vitro research fields
  • Experience and knowledge in the animal experience
  • 薬理学、分子生物学、細胞生物学の基礎知識を有すること
  • 動物実験の経験や知識を有すること

<スキル・資格>

  • Knowledge and skills on in vitro/vivo research such as biochemical analysis and pharmacological assays.
  • Organizational, interpersonal communications, and presentation skills (oral and written).
  • in vitro/in vivo 研究(生化学的解析、薬理学的評価)に対する知識やスキル
  • 組織内での対人コミュニケーションや発表技術を持っていること(口頭および記述)

<語学>

  • Ability to read, write and communicate in business-level Japanese and English
  • ビジネスレベルの日本語/英語のリーディング、ライティング、コミュニケーション能力

<その他>

求める人物像

  • Collaborative mindset with good transparency to internal and external stakeholders.
  • Highly motivated to the cell therapy research using iPS cells.
  • Ambitious to broaden own responsibility and opportunities from discovery and manufacturing to clinic.
  • 社内外の関係者に対して透明性の高い、協調的なマインドセットを有していること
  • iPS細胞を用いた細胞療法の研究に高いモチベーションをもっている方
  • 基礎研究、製造から臨床まで、自らの責任と機会を広げることに意欲的な方

仕事のやりがい

Through a series of research activities, you will contribute to the creation of a new modality that patients with intractable diseases have been waiting for. This will highly motivate you and help you to find yourself growing with passionate aspirations.

  • 一連の研究活動を通じて、難病で苦しむ患者さんが待ち望んでいる新たなモダリティの創出に貢献することができます。このことは、仕事に対するモチベーションを高め、情熱的な志を持って自身が成長するうえで役立つものと考えます。

本職務で身につくスキル・経験

Our group is collaborating with internal and external partners to accelerate the development of innovative technology; thus, this position can offer the opportunity that provides direct exposure to innovations, encourage to develop global network, and values diversity of thought with a sense of agility.

  • 私たちのグループは、社内外の研究者と協力して、革新的な技術の開発を加速しています。この職務経験において、iPS細胞に関連した革新的な技術に直接触れることが可能であり、グローバルなネットワークを構築することを奨励し、俊敏性を重視した、多様な思考力を尊重する機会を提供します。

待遇

諸手当:通勤交通費、借家補助費、勤務時間外手当など

昇給:原則年1回 

賞与: 原則年2回

勤務時間:本社(大阪市中央区・東京都中央区)9:00~17:30 、工場(山口県光市・大阪市淀川区)8:00~16:45 、研究所(神奈川県藤沢市)9:00~17:45

休日:土曜、日曜、祝日、メーデー、年末年始など(年間123日程度)

働き方関連制度:フレックスタイム制、テレワーク勤務制導入(対象社員)

休暇:年次有給休暇、特別有給休暇(慶弔、災害等)、短期・長期傷病休暇、リフレッシュ休暇、ファミリーサポート休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、子の看護休暇、短期介護休暇

タケダのダイバーシティ&インクルージョン

Empowering Our People to Shine

Allowances: Commutation, Housing, Overtime Work etc.

Salary Increase: Annually

Bonus Payment: Twice a year
Working Hours: Headquarters (Osaka/ Tokyo) 9:00-17:30, Production Sites (Osaka/ Yamaguchi) 8:00-16:45, Research Site (Kanagawa) 9:00-17:45
Holidays: Saturdays, Sundays, National Holidays, May Day, Year-End Holidays etc. (approx. 123 days in a year)
Paid Leaves: Annual Paid Leave, Special Paid Leave, short-term and long-term sick leave, Refresh Leave, family support leave, maternity leave, childcare leave, family nursing leave, short-term family nursing leave.

Flexible Work Styles: Flextime, Telework

Click here to find out Takeda’s Diversity & Inclusion

Empowering Our People to Shine

Locations

Fujisawa, Japan

Worker Type

Employee

Worker Sub-Type

Regular

Time Type

Full time
応募後で応募